正規ページの決定

重複コンテンツというのは、URL相違箇所によって発見方法が異なってきます。プロトコル名やドメイン名が異なるURLがそもそも存在しているかどうか。これはシステムの構成から確認することになります。

URL階層レベルで異なる場合には、検索エンジンが重複しているページは、新search consoleで確認することができます。それから正規のURLを決定します。

将来的に変更の可能性が低いURL、検索結果で上位に表示されているURLといったような運営が望ましいと思うURLを選択していきます。

将来的にサイトのリニューアルといったことで仕様が変わることや拡張子がかわるといったことがあります。その際にはファイル名が含まれていると、また正規のページを設定し直さなければなりません。そのため、ファイル名を含めないURLに正規化していきます。

indexファイル名なしのURLは、インデックスファイル名が省略した形となります。概念的には、URLは「/」で終わることが適切であると考えられています。もし正規ページの選択に迷ったりしたら、末尾のスラッシュがあるURLを選択します。ただし、ホスト名直後の「/」の有無は、どちらも同一ページにアクセルできることが一般的となります。

クローラも同一のものとみなしています。正規ページに非正規ページ寄せるのに、301リダイレクトがあります。301リダイレクトというのは、恒久的な転送を意味で、ページが別の場所に移転したことを意味しています。

実際にユーザーがリダイレクト元ページへアクセスしたら、リダイレクト先のページに自動的に転送されます。重複コンテンツへの対処としては、301リダイレクトを推奨しています。

「憧れのフィッツロビア」TOPへ