内部エラーの解決

エラーの有無や原因というのは「HTTPステータスコード」で判別します。

HTTPステータスコードというのは、HTTPでWebサーバーからのレスポンスの意味を表現する3桁の数字からなるコードです。400番台と500番台のステータスコードが出力されたら、ユーザーがページを閲覧できないという状態に相当します。

この400番台、500番台のステータスコードに遭遇したら、解決すべきエラーが発生していると考えるべきです。

401は認証エラーの時に返されるステータスコードです。Webプラウザでページ表示前にユーザー名とパスワードの入力を求めます。サーバーでアクセスを許可しているユーザーのみが閲覧できる認証システムを設定していると発生します。

403は権限がないから閲覧できないページで返されるステータスコードです。管理者用ページに一般ユーザーがアクセスしたときに起こるエラーです。

404はURLに対応するページが存在しないときに返されるステータスコードです。コンテンツが削除されたとか、ページが存在しないURLページといったものが該当します。

500番台はサーバープログラムでエラーが発生している状況になります。内部エラーが解決が必須なページというのは、内部リンクをはられて、indexされているページが該当します。

一方で、内部エラーの解決が必須ではないのは、内部リンクが張られて無くてnoidex処理が施されているページが該当します。具体的には、存在しないURLや管理者用ページなどが相当します。発生している内部エラーの発見方法としては、新search consoleのインデックス→カバレッジ→エラーページで、エラーページ及びエラー内容を確認できます。

「憧れのフィッツロビア」TOPへ