海外SEOでの重複コンテンツ

海外SEO

海外SEOであっても基本となる対策は共通となります。例えば重複コンテンツについて考えてみましょう。異なるURLに掲載された同一・類似コンテンツを重複コンテンツと呼びます。SEO上では、重複コンテンツはデメリットがあります。評価が分散されたり、クローラビリティが下がったり、トラッキング・分析・解析が困難になるということです。評価が分散されるというのは、本来は1つのページであっても、異なるURLである限り検索エンジンは異なるページと認識してしまいます。ユーザーがブログなどで紹介する時に、URLに揺れがあると、被リンクも異なるURLに分散してしまいます。そのため、被リンクの評価も分散してしまうのです。ウェブサイト全体への悪影響がないのは、少数のページのみが重複コンテンツとみなされた場合です。けれど、重複するコンテンツが数多く存在してしまうと、ウェブサイト自体の信頼性というものが落ちてしまうのです。これでは悪意があると認識されてしまって、ペナルティの対象になることもあるのです。

海外SEO

クローラビリティが下がるというのは、重複コンテンツで多数のURLが生成あれていると、googlebotがクロールするURLも多くなりますが、その分、時間を使ってしまうためクローラビリティが下がるということになります。トラッキング・分析・解析が困難になるというのは、SEOと直接関係あるわけではありません。これは特定コンテンツをトラッキングするというときに、類似のページのURLが複数存在することで、それぞれのURLのデータを抽出して統合する必要があるというような、運用する側の手間が増えてしまいます。重複したコンテンツのデメリットを解消するためには、URLの正規化をする必要があります。どのURLが正規のURLであるか検索エンジンに伝えるのです。

SEO施策と価値の低いコンテンツ

パンダアップデートと呼ばれる低品質なコンテンツを掲載するウエブサイトの評価を下げるアルゴリズムへ変更されるようになりました。パンダアップデートというのは、低いコンテンツに対してペナルティを科していきます。コピーコンテンツ、ミラーサイト、自動生成コンテンツ、キーワードの詰め込み、広告のみで構成されたコンテンツというものが、価値の低い低品質なコンテンツと呼ばれるものです。他のサイトのコピーしたものというのは、ユーザーに独自の価値を提供できません。検索エンジンは、こういったものには低評価をつけます。そんな中でも、他のサイト全体を完全にコピーしたものを「ミラーコンテンツ」と呼びます。他人のコンテツを盗用していたとしたら、盗用コンテンツはすべて削除してください。独自な価値を付けてコンテンツを新規に作成しましょう。他のサイトから完全にコピーしたようなコンテンツだと、検索エンジンはコピーコンテンツとみなしてしまうので、評価が下がります。無断に複製したとなると著作権侵害ということになります。コンテンツを作成する際に、他人の著作物を引用する場合は、引用元として明記しなければなりません。引用は必要な箇所だけにすることも大切です。リンクも設置する必要もあります。引用ばかりのコンテンツだと、コピーコンテンツということになるので注意が必要です。引用文には引用タグを付けますq要素は短い文章を引用、抜粋する際に使用します。短めというのは、改行しないでもいい程度を目安にするといいようです。blockquote要素は、比較的長めの文章を引用・抜粋する場合に使用することになります。図書コードの記載が必要な場合もあります。

SEO施策と自動生成コンテンツ

補助的なミラーサイトというのは、不正ではありません。ユーザーもしくは管理者には価値があるケースといえます。本サイトとは別のサーバーに設置して、本サイトを完全にコピーしたウェブサイトのことを補助的ミラーサイトといいます。ミラーサイトで、ユーザーにとって価値があるといえるのは、本サイトがサーバーダウンした時に、ユーザーにアクセスしてもらうサイトのことです。災害時などの緊急事態など、自治体の情報発信が滞ってはいけないということで、ミラーサイトを促進しているそうです。また、ミラーサイトで、管理者のためのものも存在します。環境開発です。環境開発は、本番リリース前に動作を確認するための環境です。自動生成コンテンツというのは、プログラムによって自動的に生成されたコンテンツのことです。自動生成コンテンツというのは、人間には意味を解釈できない無価値な文章とはいえますが、特定の検索キーワードを含むテキストとして、検索エンジンに評価されていた過去があります。自動生成コンテンツというのは、自動翻訳ツールを利用して、海外のコンテンツを日本語に機械翻訳した文章のことです。また、ワードサラダツールを利用して、類義語生成や難読化の手法にひょって生成された文章のことをいいます。機械翻訳した文章というのは、人がチェックしていないと、どうしても意味の通じない文章になったりします。意味のおかしな文章は問題です。また、すでにある海外コンテンツを自動翻訳して生成しているということで、スパム判定を受けてしまいます。対策キーワードで検索結果上位にするため、キーワードの詰め込むという手法が流行しましたが、これも控えた方がいいようです。